射出成形製品 分離爪用TIグレード

TI-5000シリーズ(PAI:ポリアミドイミド)

特長

  1. (1)耐熱性と強度のバランスが優れています。
    “非強化”で250°Cでの強度が、POMの常温での強度に匹敵します。
  2. (2)耐摩耗性に優れるため、相手材を傷付けることがなく、自身も傷つきません。
    →感光ドラム・ヒートロールへの攻撃性が極めて小さくなっています。
  3. (3)クリープ特性に優れます。→変形が起こりにくく、ジャムリが少ない。
  4. (4)寸法安定性に優れます。→線膨張係数が小さく、精度が出やすい。

“ほぼ全ての面において、従来のエンジニアリングプラスチックの性能を超える”のが、TI-5000シリーズです。

TI-500シリーズ(フッ素系)

特長

フッ素樹脂のもつ優れた性能の上に独自の配合技術で耐摩耗性や寸法安定性に改良を加え、TI-500シリーズをラインナップに加えました。

  1. (1)耐熱性(連続使用温度260°C)に優れ、極低温(-196°C)でも5%の伸びがあります。
  2. (2)耐薬品性、耐候性にも優れ、限界酸素指数95%以上の難燃性材料です。
  3. (3)表面エネルギーが固体材料の中で最も小さく低摩擦係数、優れた非粘着性・離型性を示します。また、固体内部では外からの力に変形しやすい(塑性変形=柔らかい)。
    →ヒートロールへの攻撃性が極めて小さくなっています。

TI-200/7000シリーズ(PPS/PEEK系)

高い耐熱性と強度、トナーの非粘着性を考慮したコート技術

TI-200シリーズは優れた耐熱性と難燃性を持つPPS樹脂をベースに、特殊繊維で強化したものです。成形加工性も良好で高精度の製品を安定して製造することができます。また、トナーの非粘着性付与のためのPTFEのコーティング対応にも優れた特性を有するグレードです。 TI-7000シリーズは、TI-200より優れた耐熱性を持つPEEK系樹脂をベースに、特殊繊維で強化したものです。このため、トナーの非粘着性がさらに向上できるPFAのコーティング対応にも優れています。

分離爪用グレード物性一覧表

項目 試験法 単位 240A 7200 8000 7500 5013 550F
比重 D792   1.73 1.47 1.70 1.75 1.40 2.17
吸水率
(24h水中)
D570 0.02 0.02 0.05 0.08 0.33 0.03
引張強度 D638 MPa 180 98 120 170 186 32
引張破断伸び D638 3.0 3.5 2.1 3.0 15.0 410
曲げ強度 D790 MPa 270 127 190 280 235  
曲げ弾性率 D790 GPa 18.0 6.9 12.9 14.0 4.9  
Izod衝撃強さ
(ノッチ付き)
D256 J/m 45 25   30 127 非破壊
荷重たわみ温度
(1、82MPa)
D648 °C >260 >260 >290 >290 278  
コート     PTFE PTFE PFA PFA PTFE ノンコート
適用事例     定着爪 定着爪 定着爪 定着爪 定着爪
ドラム爪
定着爪

※本データは特定条件下で得られた測定値の代表例です。