クリーン成形技術

当社のクリーン成形技術

クリーン成形を実現する為のノウハウをご紹介します。

原料

  1. 原料については、当社基準の厳しいコンタミスペック(社外秘)により管理されたプラ原料のみを使用して成形。
  2. 原料投入時の粉塵飛散防止の目的から、原料タンクは、クリーンルーム外へ設置し、成形機へは空送ラインを使用し供給。

環境

  • クリーンルーム
    当社岡崎工場および三島工場
  • 能力
    (1)クリーン度
    クラス10万
    (0.5μm以上の粉塵 3,520千個/立法m)
    温度23°C±5°C 湿度45%±5%
    ※但し、三島工場はフィルター交換で可
  • 対象成形品
    (1)岡崎工場=医療用途容器
    (2)三島工場=電子部品、医療用途部品

クリーンルームへの全ての入出上は、専用のパスボックスを配備。さらに室内を陽圧気管理することにより室外からの異物流入を防止しています。また、年間を通じ、温度、湿度を一定に維持しています。

成形機

成形機は、電動機を導入し、成形機から発生する異物を最少限に抑えます。

クリーンルーム内作業者は、事前教育を受けたものに限定し、入室前の手洗いおよび防塵用具の着用により、クリーン管理強化をしています。

当社クリーン成形品例:人工腎臓容器