TPS-TI 5000シリーズ<PAI:ポリアミドイミド>

TI5000シリーズ

高強度、耐熱性、耐摩耗性

TPS-TI 5000シリーズ<ポリアミドイミド>は、非結晶樹脂であり、優れた耐熱性と機械強度を持つイミド結合と良好な加工性、強靭性を示すアミド結合が組み合わされたスーパーエンジニアリングプラスチックです。
耐熱性(連続使用温度250℃)、高い耐熱変形性(荷重たわみ温度278℃)、機械的特性、難燃性、摩擦・摩耗特性、耐ストレスクラック性に優れています。

用途

  • 半導体・液晶製造装置部品
  • プリント基板・半導体等の検査治具
  • 産業機械部品(メッキ装置、鉄鋼機器部品等)
  • 電気・電子部品

特長

  • 無充填(非強化)プラスチックの中では、最高の機械強度を誇ります。
  • ガラス転移点が280°Cと高いため、250°Cの高温下における機械強度は、POMの常温における強度に匹敵します。
  • 200°Cの高温下でも優れた耐摩耗性を示します。
  • 自己潤滑性があるため200°Cを超える高温部で無給油の摺動部材として使用可能です。
  • 食品衛生法に適合しています。(厚生省告示第370号、20号)
  • 200°C以上の高温下で使用する場合、事前乾燥が必要です。吸水しているPAIを急加熱すると膨れが発生する可能性があります。

一般物性比較

TI-5013の温度依存特性

TI-5000系 摩擦係数の温度による変化

グレード一覧

グレード名 色調 特長
TI-5013 標準グレード(ナチュラル色)
TI-5031 摺動グレード(黒色)
TI-5032 高摺動グレード(黒色)
TI-5023 ガラス繊維強化グレード(黒色)
TI-530-AE3 導電グレード(黒色)